Beforeコンタクト
眼障害・眼病2サイトトップ > コンタクトが原因となりやすい眼病・眼障害 > コンタクトが原因となりやすい眼病・眼障害2

コンタクトが原因となりやすい眼病・眼障害(2)

 前のページでも説明したコンタクト使用者に起きやすい主な眼病・眼障害について紹介していきます。

角膜内皮障害(かくまくないひしょうがい)

症状

  痛みや違和感などは感じられず、初めのうちの自覚症状は特に無し。ひどい場合にのみ角膜が白く濁ったり、角膜がむくんで痛む事があります。
角膜の表面から角膜上皮、角膜実質、デスメ膜の更に内側にある「内皮」の細胞が減少していき、やがては失明や視力が著しく減退するという眼障害です。

原因

  生まれつき(先天性)やコンタクトの長時間装用、眼の手術後などが挙げられます。
特にコンタクトの使用暦が長ければ長いほど内皮障害の可能性は増し、酸素供給不足状態が長い年月続くことで発症しやすくなります。
コンタクトの装用限界時間や、使用期間(年数)を守っているかという点が大きな鍵となります。

治療・対策

  注意しなければいけないのは、このハチの巣状に形成された角膜内皮は減る事はあっても増える事は無いということです。
細胞分裂を行い自己再生する機能を持っておらず、予防策として前もってこまめに内皮の状態をチェックする、という事くらいしか出来ません。
既に進行してしまっている場合の治療法には「全層角膜移植手術」を行って角膜自体を移し替える方法があります。

巨大乳頭結膜炎(きょだいにゅうとうけつまくえん)

症状

  目がかゆい、充血や目がゴロつくなどの症状と共に、まぶたの裏側の「結膜」と呼ばれる部分に白色のブツブツができてしまいます。
コンタクト使用者は装用時にレンズのズレを感じるようになり、視界不良が起きます。この症状に当てはまる場合は、まぶたの裏側をチェックすると一目でわかるでしょう。
ですが、注意したい点は見た目がアレルギー性結膜炎やその他の病気と似ているので、自分で勝手に決め付けずに眼科で見てもらうという事も大切なポイントです。

原因

  コンタクトレンズの汚れやタンパク質の付着、要するにコンタクトの手入れ不足がほとんどの場合の原因になっています。
特に「漬け置き洗浄」でコンタクトの洗浄を済ませている方や煮沸消毒を行っている方が発症するケースが多く、つけおきでは汚れが綺麗に取れないという事と、煮沸洗浄は蛋白質を固まらせる側面も持ち合わせている、という事も念頭に置いておきましょう。

治療・対策

  コンタクトの使用を中止して、点眼(抗アレルギー性)を使用します。体質や症状の程度にもよるのですが、約数週間〜数ヶ月で治るようです。
この眼障害は“治りがけの再発”が起こりやすく、もう大丈夫だろうという誤信から再発を招く可能性があります。十分に完治してからまたコンタクトを使うようにしましょう。

角膜血管新生(かくまくけっかんしんせい)

症状

  コンタクトの中でも特にソフトコンタクトレンズを使っている方に多く見られる眼障害で、目の中央の虹彩や黒目の上に向かって血管が新しく伸びてくる症状が見られます。
痛みや視界不良などの自覚症状がほとんど見られず、気付きづらい眼障害の一種でもあります(別名:角膜パンヌス)。

原因

  これは酸素供給不足が原因で血管が新しく形成され、ソフトコンタクトに限らずコンタクトの長時間使用やタンパク質などの汚れが蓄積されたままの連続使用、酸素を通しづらいハードコンタクトレンズの使用によって発症します。

治療・対策

  どうしても連続使用したい方は眼科での診療をしっかり定期的に受けることや、どんなレンズも汚れが付くと酸素を通しづらくなるのでレンズ自体の交換、必要の無いときはなるべくコンタクトの使用を控えることで酸素を十分に供給し、伸びてきた新しい血管がまた枯れていくのを待ちます。
自然治癒を待つ以外には外科的な手術によって血管を元に戻す方法もあります。

アカントアメーバ角膜炎

症状

  アカントアメーバ角膜炎自体の症状はじわじわと進み、発症初期では涙が出る・目やにがひどくなる程度の症状しか見られません。ですが徐々に痛みが激しくなり、視界不良も悪化。進行がひどくなると、角膜を溶解させて失明に至る危険性もあります。
角膜の眼病の中でも最重度の病気で、非常に危険性が高いと言えます。

原因

  淡水や土の中に生息するアカントアメーバ病原体が手や指などに付着し、そのままコンタクトに触れる事から感染するケースが多いようです。感染したアメーバは角膜の傷から内部に入り込み、やがて発症します。
一番多く報告された例が2week用コンタクトとつけ置き洗浄のみを行っていた場合で、こすり洗いを行わない事が主な原因です。

治療・対策

  事前対策に気を付けるようにしましょう。つけおき洗浄だけでなくレンズのこすり洗い、すすぎ、使用期限を守る事です。
アカントアメーバ角膜炎は一旦感染するととても完治が困難で、治ったとしても大半は角膜が白く濁った痕が残ってしまい、視界不良が免れられません。
感染自体あまり見られない珍しい病気ですが、危険な眼病の一種です。