Beforeコンタクト
カラコンで失明?
サイトトップ > 初めてのコンタクトの前にチェック! > カラーコンタクトで失明!?

カラーコンタクトで失明!?

 「眼ヂカラ抜群」「デカ目がカワイイ」といった謳い文句で扱われているカラーコンタクトレンズ(カラコン)。今ではネット通販や某量販店などでも気軽に買えるようになりましたね。
ですがこのカラーコンタクトレンズには落とし穴がたくさん潜んでいるのです。中には本当に失明した方や、炎症を起こして腫れてしまい、腫れが治る頃には目が使い物にならなくなってしまっていた…などという症状も見られているようです。
カラーコンタクトや、なぜ危ないと言われているかについて紹介しましょう。

カラーコンタクトとは?

カラーコンタクト そもそもカラーコンタクトレンズとは、眼の虹彩にあたる部分に着色して、装用時に眼の色が変わった様に見えるというもの。髪や肌、虹彩の色の違いは細胞中のメラニンの関係で決定され、ある意味仕方が無いのですが、動物や外国人に見られる灰色や青色の眼に憧れて使用する方が増えているようです。
虹彩部分に着色されているもの以外でも、レンズの端部分だけに着色された「フチ」があるコンタクトレンズや、キャラクターや星、ハートなどが描かれたコンタクトレンズもこれに該当します。ということは本来酸素を通す部分にも着色してある為、酸素を通しづらいレンズだと言う事もお忘れなく。
最近では酸素透過性の優れたカラコンも販売されていますが、所詮普通のコンタクトレンズの酸素透過性には敵わないという事が前提です。

カラーコンタクトの種類

カラコンの種類 カラーコンタクトには、2つの種類があります。“処方箋”または“医師が正式に発行した診断書”が購入に必要とされる「高度管理医療機器」に認定されているカラーコンタクトと、それらが必要無い「雑貨用」つまり、オシャレを楽しむためだけであり、付けまつ毛やカツラなどと同じ扱いのものです。
前者の医療器具から作るカラーコンタクトは自分の目の形やサイズに合うものが作れます。ですが後者のおしゃれ用のレンズは面倒な診断も要らず、簡単に購入できるという点に気を取られ、自分の目に合っていないレンズという事に気付かない方が多いようです。
ベースカーブや大きさが合わず知らない間に角膜がキズだらけになり、眼病を発症する事が問題視されています。

粗悪なカラーコンタクトに注意

 度が無いおしゃれ用カラーコンタクトにある事例ですが、特に安い値段で売っている粗悪な品質のものには要注意です。カラコンの製法には“サンドウィッチ製法”というものがあり、これは着色料をサンドウィッチのように挟んでいるので染料が溶け出る心配が無く安全だと言われていますが、これ以外の製法のレンズは危険です。
使っている最中に着色部が溶け出し、その薬品が直接目に触れてしまい角膜や眼病のトラブル、ひどい場合は失明するというケースもあるのです。
この他にも形が乱雑に作られていたり、品質が確かではないという問題が特に海外で作られた安価なカラーコンタクトによく見られているようです。

トラブルが起きている傾向

 一番トラブルが多いのは10代から20代前半の若い女性で、「それまでに使用経験の無い人」や「眼科医で正式な診断を受けていない」人がカラーコンタクトを使用し、眼病や角膜のトラブルを引き起こしています。
使用する側の知識不足もありますが、製品側にも「十分な装用方法の説明や注意事項が明記されていなかった」などの落ち度があり、こちらも改善の余地が指摘されています。なにか障害が起きてからでは遅いです。
相手のせいにする事は簡単ですが、自分の身は自分で守る事も大切でしょう。

カラーコンタクトとの上手な付き合い方

カラコンとの付き合い方 このように、酸素透過性が低いという事やオシャレ用の粗悪なカラコンが危険だという事を知らずに安易に手を出して痛い目を見る若い人が増えているのが現状です。
もし使いたいのであれば、最低限「診断書や処方箋から作る“高度医療器具”に認定されている安全なカラコンを使う」という事や「装用時間をしっかり守る」(週に1度、数時間が限度とされています)、もちろん「洗浄や殺菌のケアを怠らない」というポイントに気を付けて使用するようにしましょう。
取替え時期を無視して使い続けたり、手入れができないのであれば、なにもカラーコンタクトではなくてもトラブルを起こしかねませんよ。
ただ一時の美しさにとらわれて、一生の後悔を生まないようにする事を勧めます。