Beforeコンタクト
つけ方はずし方
サイトトップ > 初めてのコンタクトの前にチェック! > コンタクトのつけ方とはずし方

コンタクトのつけ方とはずし方

 コンタクトを付けたり外したりする時にも、注意しなければいけないポイントがあります。怠ってしまうと雑菌やキズの元になるので、着脱の際は十分に気をつけなければいけません。
最初は難しいように感じますが、要はコツさえ掴んでしまえば後は慣れてしまうものです。
コンタクトの入れ方と外し方について紹介していきます。

事前に行っておくこと

眼に異常が無いか確認する

コンタクトを付ける以前に、眼に異常が起きていると更に悪化させてしまいます。
目ヤニが多くないか?充血はひどくないか?ゴミやまつ毛は入っていないか?など、前もって確認しましょう。

爪と手の手入れ

手の汚れ  爪が伸びていたり、手が汚れていてもトラブルの元になります。伸びたツメがレンズを傷つけたり、時には割れてしまう可能性もあります。短く切り、爪ヤスリをかけておくと尚良いです。
手は石鹸で綺麗に洗って、清潔にするように心がけましょう。
雑菌が付いたままでは、そのまま角膜の異常に繋がる場合もあります。

コンタクトレンズの確認

 保存されている容器の中の端や、フタの裏側にくっついていないか確認して、注意して開けましょう。このとき、キズや汚れなどが無いかもチェックしましょう。
使い捨てのレンズの場合は一つ一つ切り離せる簡素なパック状のケースに入っている場合が多く、指の腹で吸い寄せるイメージで優しく取り出します。取り出す時に爪や容器でレンズを傷めないようにしましょう。
“バイアル瓶”と呼ばれる小さなビンの中に生理食塩水と一緒に保存されている場合もあります。この場合はビンの口で指を切らないように気を付けてください。

レンズの表と裏を確認する

 ソフトコンタクトレンズは非常に柔らかく、反対側になっていることがよくあります。裏返しになっていると、コンタクトの「エッジ」と呼ばれる端の部分が凹面とは反対に沿っているので確認します。
見分けづらい場合は、レンズをよくよく見ると確かめる為のマークが付いており、凹面から見て正常に見えるときは表裏が合っています。この裏表を間違ってしまうと後から装用時の違和感や、視界のボヤけの元になってしまいますので、予めよく確かめましょう。

コンタクトのつけ方

1. 眼と反対の手の指先にレンズをのせます。
2. 下まぶたを引き下げる。
3. 上まぶたを引き上げる。
4. レンズより大きく目を開いたら、黒目にそっと乗せる。
 (このとき決して黒目に強く押さないでください。角膜を痛めてしまいます。)
5. 2,3回ほどまばたきをして、異物感やレンズがズレなければ成功です。
 ゴロゴロしたり、裏返しだった場合はもう一度最初からやりなおしましょう。

つけ方のポイント

・慣れないうちはなるべく鏡を見て行うようにしましょう。
・目を開く方の手先はしっかりと拭き取っておきましょう。滑ったり、眼の開きが安定しません。

コンタクトのはずし方

1. 装用したまま斜め上方向に視線を傾けます。
2. 下まぶたを引き下げます。
3. この時点でレンズが動いていなければ、黒目より下にずらします。
4. レンズの下側をつまむ(両指で挟む)ようにしてレンズを取り外します。

はずし方のポイント

・慣れないうちはなるべく鏡を見て行うようにしましょう。
・なかなかレンズが外れない時は、無理をせずに強めにまばたきを繰り返したり、点眼(眼科で勧められた目薬)をして、水分を与えてから外すようにしましょう。

ツメ
 初めての方はなかなか慣れないと思いますが、慣れてしまえば数分で安全に取り外しができるようになるでしょう。くれぐれも、キズや汚れが付いたままのレンズや角膜、伸びたツメのままで着脱を行わないように細心の注意を払って行いましょう。
また、もう慣れている方は段々乱雑に行ってきていませんか?もう一度正しい着脱方法の復習にもなったのではないでしょうか。