Beforeコンタクト
コンタクトにする理由
サイトトップ > はじめに > あなたはなぜコンタクトレンズにしますか?

あなたはなぜコンタクトにしますか?

 なぜコンタクトにしようと思うのでしょうか。単純に視力が低いから?メガネはカッコ悪いから?眼鏡より邪魔臭くないから?人それぞれ様々な理由があると思いますが、それはちゃんとコンタクトのメリット、デメリットを理解した上での判断でしょうか。
場合によっては、コンタクトレンズよりメガネにした方が良い事もあるかもしれません。
ここでは、そんなコンタクトレンズの特徴や、めがねと比べた際の違いを紹介します。

コンタクト使用でのメリット

 若年層にも広まりを見せるコンタクトレンズ。
やはり利用者が増えるということはそれなりの恩恵がある訳で、その良い面について紹介します。

顔の印象が変わらない

眼鏡の印象 これはメガネ以外の矯正方法にも当てはまりますが、付けているのか付けていないのかが他人にわかりにくいので、見た目においてのイメージが変わらないという点です。
どうしてもメガネをかけてしまうと、フレームがあるので印象が変わってしまいますよね(フレーム無しなどもありますが)。
ファッション等で眼鏡を好む方もいらっしゃいますが、似合わないと感じたりする方には大切なメリットでもあります。

視界が広い

 メガネの場合、フレーム外はもう裸眼と変わらない視力で見ている事になりますので、鮮明に見えるのはフレーム内のレンズを介した視野のみだけです。
ですがコンタクトは眼球に直接装用するので、視野の端の方まで全て観る事が可能です。
メガネと比べるといちいちズレを直したり、掛けなおすストレスが無いという利点ですね。

スポーツにも対応できる

 サッカーやバスケットなどの激しい運動を伴うスポーツに対しても、使用できる点です。
メガネをかけたままスポーツをすると、最悪の場合レンズが割れて眼に入る危険性まであるのであまり好まれませんが、コンタクト(特にスポーツにはソフトコンタクトレンズ)は邪魔にならないので思い切って楽しむことができます。

破損や紛失による損害も少なめ

紛失・破損 これは特に使い捨てタイプのコンタクトに言える事ですが、メガネの場合、どこかに置いて来てしまったとかレンズが割れてしまった、フレームが折れたなどの際の修理費用はバカになりませんよね。
高価な品物の場合は取り寄せる時間なども場合によってはかかってしまいます。
ですが、1日使い捨てコンタクトは百円〜数百円程度の安価なもので、無くしたり壊れたりしても笑って済ませられるほどのものなのです。

曇らない

 冬の寒い日、温かいものを食べようとラーメン屋へ行ったらレンズが真っ白に・・・という経験は眼鏡を使っている方なら誰しもが経験をお持ちのはず。
このように、温度や湿度の変化によってめがねのレンズは簡単に曇ってしまいますが、コンタクトのレンズは曇ることは無いので安心です。
もっとも、そんなの気にしないという方も多いかもしれませんが。
コンタクト利用でのメリットについて

コンタクト使用でのデメリット

 このように良い点を挙げてきましたが、良い点ばかりがコンタクトレンズではありません。
どうしてもメガネに劣る点や、必ず注意しないといけない点もあります。
コンタクトを使う上でのデメリットを紹介しましょう。
コンタクト利用のデメリットについて

眼病や眼障害のトラブル

眼 角膜という人間のデリケートな部分に直接触れるものですので、しっかりとした管理やケアを行わないと眼の病気を引き起こしやすいという難点も持ち合わせています。もちろん付けたまま寝てしまったりしても眼に負担がかかります。
結局、体からすると角膜の表面に異物が乗っているだけという事をお忘れなく。

手入れが必要

 メガネの場合は外して頭の上に掛けたり、そこらへんに置いておいたりしてもまた好きな時に取って掛ければ良いのですが、コンタクトはそうもいきません。外した後、保存しておく間、定期的にしなければいけないケアなどがあります。
これを怠って眼病に繋がるというケースが増えてきているようです。

コンタクトが使用できない方も

使用できない人 小学生以下の小さなこどもや、角膜の感覚が敏感な方、結膜炎やドライアイの方は原則的に使用が勧められません。眼障害や痛みなど、コンタクトを使用する上でのリスクが高すぎるからです。
このような条件に当てはまる方は、無理してコンタクトにしない方が良いでしょう。

使用期限がある

 メガネに使用期限はありませんよね。使用者の視力に変化がなければ、ほぼいつまでも使用することが出来ます。ですが、コンタクトには使用期限があります。ワンデイ、2weekはもちろんそのまま、通常のソフトコンタクトレンズでも1〜2年と言われています。
定期的に購入・検診などの必要もありますので、当然費用面から見てもかかりますし、面倒だという方もいらっしゃるでしょう。

 このように、コンタクトレンズの良い点、悪い点をしっかりと理解した上で使うか使わないかを決めた方が良いでしょう。